ライフ&ニュース大図鑑

就職、健康、トレンドなど生活に役立つ情報をまとめていくブログです。

銀行業界への就職はどうなる?~3大メガバンクが人員削減計画~

 

 

3大メガバンクが人員削減計画

 

 最近、ニュースで毎日のように人工知能やロボットなどの話題が流れています。

仕事はAIに奪われてしまうのか?なんて記事もよく見かけます。

 

10月下旬頃、銀行業界についての気になるニュース、

「3代メガバンクが人員削減計画」というニュースが流れました。

就職先は銀行業界も選択肢として考えている、なんて人には気になりますよね。

今回はそのことについて書いてみたいと思います。

 

 

3大メガバンク三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャ

ルグループ三井住友フィナンシャルグループ)は、

最新のAI(人工知能)やフィンテックを駆使し、業務の自動化を進め、

店舗や人員を大幅に削減する計画だそうです。

 

3大メガバンクの計画をそれぞれ見てみると、

 

三菱UFJフィナンシャル・グループは、

店舗の1~2割を削減し、事務作業の自動化、デジタル化によって「9500人相当の

労働力を削減する」とのこと。

 

みずほフィナンシャルグループは、

ロボット、AIなどを活用し、10年かけて1万9000人分の業務量を削減する計画。

 

三井住友フィナンシャルグループは、

2020年までに4000人分の業務量を削減へ…

 

これら3大メガバンクを合わせると、

合計で約3万2500人分の業務量が削減される計画、ということになります。

 

最近の銀行について街の声は?

 

ニュースを見ていたら、銀行に関する街の声が紹介されていて、

「最近はネットバンクを利用することが多い」

「ネットバンクしか持たない人も多い」

コンビニATMを使う。ひとつで全ての銀行口座が使えるから便利」

「銀行は待ち時間が長い。15時までとか制限があるのが使いづらい」

などの意見が挙がっていました。

やはり最近はネット、またはコンビニで済ませたいという人が多いようですね。

 

銀行業界の未来はどうなる?

 

・ロボットやAIを活用した事務作業の自動化、人員削減

・ネットバンク(インターネットバンキング)の増加

フィンテックの普及

 

 はたして銀行業界の未来はどうなっていくのでしょうか?

今回は3大メガバンク人員削減、銀行業界について書いてみました。