ライフ&ニュース大図鑑

就職、健康、トレンドなど生活に役立つ情報をまとめていくブログです。

仕事図鑑【外食業界・ガスト編】~アルバイト・キッチン担当の仕事内容とは?

 

さて今回は、外食業界についてです。

外食業界に興味がある、アルバイトしてみたい、という人に参考になるように、いくつか見た番組などの中から得た知識を書いていきます。

 

ファミレス・ガストのキッチン担当の仕事とは? 

ガストでは、伝票をスキャンして提供時間がわかるようになっている。

ランチは9分以内、ディナーは12分以内にだせるように。 毎回提供時間をPCに記録し、改善を図ろうとしている。

 

キッチンでの役割担当

ハンバーグ、から揚げなどを調理する焼き・揚げ物担当

パスタなどの調理、盛り付けなどを担当するサラスパ担当に分かれており、

主に二人でメニューを作っている。もちろん時間帯や状況によって違いはあるでしょうが。

 

ちなみに別のファミレスでは、

  1. ハンバーグなど
  2. パスタなど 
  3. 火を使わない料理など 

という分け方をしているところもあるようです。3人でそれぞれ役割が違う。

するとこんなことが起きる。

A:ハンバーグ、パスタ、サラダを注文

B:ハンバーグを3個注文

どちらが早く作れるでしょうか?Aの場合、3人が同時に動き始める。一方、Bは一人でハンバーグを全て作ることになる。よってAの方が早く料理が出てくる、というわけです。

 

コンベヤーオーブン

調理はコンベヤーオーブンで行う。

これは3分30秒かけて食材がオーブンを通過するようになっており、

複数のメニューを同時に調理できるため、素早く客に提供することができる。

メインメニューの半数以上をこのオーブンで調理できてしまう。

新人アルバイトが作っても同じ品質で出すことが出来る。これがガストの強み。

3日間のトレーニングでできるようになるそうです。

パンケーキ

例えばパンケーキの場合、材料をフライパンに乗せ、オーブンに流すだけ。

ハンバーグ

ハンバーグの場合、肉を油をひいた鉄板に乗せ、その間にポテトやニンジンを皿に準備。そしてハンバーグを皿にのせ、コンベヤーに流す。

意外と簡単そうですね!

 

セントラルキッチン

食材はセントラルキッチンに集まる。下ごしらえはここで行う。

ガストでは仲卸の業者を介さず、農家と直接契約。

 

ガストの人気メニューは?

ちなみにガストの人気メニュー。

・オムライスビーフシチューソース

・チーズinハンバーグ

・山盛りポテトフライ

・一日分の野菜のベジ塩タンメン

 などが人気のようです。

 

アルバイトの研修制度について

この前のWBSでジョナサンの例が紹介されてたので書きます。

ジョナサンはすかいらーくグループのひとつ。

すかいらーくグループは、洋食ファミリーレストラン「ガスト」、和食チェーン「夢庵」、イタリアンレストラン「グラッチェガーデンズ」、中華料理チェーン「バーミヤン」などを経営。ジョナサンも含まれるようです。

ガストやバーミヤンは知ってたけど、ジョナサンもそうなんですね。

昔は「すかいらーく」という名前で店舗があったんですけど、今は低価格路線のガストなどの店舗に方向転換しているようです。

 ジョナサンのアルバイト教育プログラムは、マンツーマンの実地トレーニング座学がある。実際に営業中の店舗で店長自ら行う。2012年に導入以降、アルバイトの離職率は改善したとのこと。

「店舗に正社員は1人~2人クルー(アルバイト)は平均30人

外食はこういうところ多いですよね。店舗に社員は一人だけで、あとはアルバイトっていう。あと中華料理店などでは店長が日本人で、あとのアルバイトはほとんど外国人ってところもあるらしいです。